本文へスキップ

お葬式での服装について

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

お葬式での服装について

お葬式で覚えておきたい大事なマナーについてご存知でしょうか。お葬式では、マナーをしっかりと守らないとその場の雰囲気も悪くなってしまいます。規模の大きいスタイルのものであれば参列する人も多いですし、小規模のものでもマナーは大事です。参列者のマナーですが、たとえば香典の金額相場について知っておくということが挙げられます。お葬式と法事で異なってくる香典の金額相場は、故人との付き合いの深さだけでなく、年齢や地域によっても金額は異なってくるのです。ある程度の目安となる金額はあるので、こちらの情報を参考にしてみてください。

法事での香典の金額の相場もあります。お葬式のときとは異なり、一般的には、法事は親族や故人との付き合いが深かった人が招かれます。法事には、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と何回も行われるものがあります。法事の規模は、年を経るとだんだん縮小されて、家族が中心になっていきます。法事についても常識的なことを知っておくといざという時に役立ちます。

参列する時のマナーには、服装のマナーもあります。普段着でも良いのかと気になる人は多いのではないでしょうか。お葬式で着用してはいけない服装もあるので、女性と男性の服装の基本を知っておくといざという時に役立ちます。お葬式を行う人は、企業が提供するサービスの内容に関しても知っておくことが重要です。事前に情報を収集して、希望に合ったサービスを提供してくれる葬儀会社を選びましょう。

参列者の覚えておきたいマナーについてや、近親者や友人、知人の香典の金額の相場など、知っておきたい事柄について紹介します。服装のマナーですが、女性と男性とで服装も異なってきます。服装以外でも持ち物や髪型とメイクのマナーもあります。基本色は黒となっていますが、グレー系のものでも着用することは可能です。女性なら女性の服装を参考にしていただき、男性の服装との違いも知っておくと効果的でしょう。お通夜、お葬式、告別式での服装も違うので注意が必要です。女性は、バッグや靴、ハンカチ、数珠の色等にも気を配らなければなりません。お葬式に参列するのが初めてという場合は、服装や香典の金額を知らないという人も多いものです。お葬式に参列しなければならないけどマナーについてよく分からないという人は参考にすると良いでしょう。お葬式の場では、故人や遺族に失礼にあたらないよう配慮することが求められます。

information新着情報

2018年10月12日
ホームページを更新しました。