お葬式での服装について

お葬式のマナー

お葬式で覚えておきたい大事なマナーは服装以外にも様々なものがあります。お葬式に参列する場合は、遺族に掛ける言葉や挨拶の言葉選びも大事です。家族が亡くなって辛い時に、かける言葉選びについて知っておくことが効果的です。忌み言葉もあり、NGな言葉もあります。

一般的にお葬式で使うお悔やみの言葉は以下の通りです。この度はご愁傷様です、この度は突然のことで大変でしたね、心からお悔やみ申し上げます、というものがあります。よく使われているフレーズですし、いきなり病名を聞いたり死因を聞いたりするのは失礼なので注意です。受付のときには、この度はご愁傷様です、というように挨拶すると書かれていることも多いです。黙礼をする人も多く、挨拶をしない人もいます。

開式前の遺族への挨拶ですが、慌ただしくしているときなので軽く挨拶をするのが効果的です。遺族は、親戚や参列者、僧侶への挨拶と忙しいです。供花の札の順番を決定したりと忙しいので挨拶は軽くするのが良いでしょう。故人と対面は、遺族にすすめられた時のみするようにしましょう。遺族をいたわる言葉として安らかなお顔ですねが効果的です。また、ありがとうございましたの御礼の言葉も伝えるようにしましょう。